思わず調べちゃう、結婚式の招待状をもらったら

お祝いの気持ちが一番伝わるのは返事の早さ

予めお話を聞いていた場合もそうでない場合も、招待状を受け取ったらまずはお祝いの気持ちを伝えることが一番重要です。職場など、直接手渡しで招待状をいただいた場合はそれが比較的簡単に行えると思いますが、遠方の友人や親戚など、それがすぐ出来ないことも多いでしょう。そういう場合はまず何よりも「返事を早く出すこと」を心がけましょう。可能なら電話などで先に一言お祝いを述べてもいいですが、新郎新婦も何かと忙しいことも想定されるので、受け取って2・3日以内を目標に投函できれば十分と言えます。先方にとっても返事がないのが一番気をもむので、期日が書いてあっても出来るだけ速やかに返信を出すようにしましょう。

参加する方の返信の仕方、基礎の基礎

マナー本などを見ると、招待状の返信について、元々入っている文言に筆を加えるのは「縦書きの場合のみ」とすることもあるようですが、基本的には縦横に関係なく、へりくだる意思を込めて招待状の文面を書き換えたりすることが通常です。まずは返信先の新郎新婦の「行」となっているところに斜線を2本入れて「様」に。特に縦書きの場合、「行」という字が既に左右に分かれているので、縦の二重線よりわかり易いようです。新郎新婦が上司など、目上の場合は「みずさま」よりも敬意の高いとされる「えいさま」と呼ばれる字を使えると相手方からの印象も変わります。

修正するところはまだまだたくさん

それから本文、出席に丸をつけ、前後に「慶んで」出席「させていただきます」と一筆添え、もう一方の「欠席」、連絡先のご住所の「ご」、ご芳名の「ご芳」も二重線で訂正をします。フリーハンドでなく、定規などで真っ直ぐ引きましょう。ご芳名はどこまでが丁寧語なのか把握していないと、うっかり「芳名」としがちなので注意が必要です。中には「寿」と言う字や「松竹梅」などと訂正をすることもありますが、黒のボールペンでの訂正は案外映えないので、朱墨で訂正しない場合は、二重線で十分でしょう。生憎出席できない時は、理由ははっきり書かないことが無難とされます。このばあいも「折角ですが」欠席「させていただきます」と添え、可能なら電話などで出席できないことをお詫びできると良いでしょう。

神戸は観光地としても人気ですので、観光も目的として神戸の結婚式場を選ばれる方が多いです。また神戸の良さを生かした式場が多いのも特徴です。