知らなかった!?結婚指輪の秘密を解析します

結婚指輪を左手の薬指につける意味

結婚指輪は左手の薬指につけるのが一般的です。それでは何故結婚指輪を左手の薬指につけるのか知っている方はいらっしゃいますか?右手と左手のそれぞれの指には一つずつ意味が込められています。左手の薬指には愛情を深めるといった意味や願いを実現するといった意味があります。結婚指輪をつける指には結婚する二人の愛情が深まるようにという意味が込められているんです。このように結婚指輪をつける指にはちゃんと意味が存在しています。

結婚指輪の歴史について

結婚指輪を身につける習慣がいつ始まったのか知っていますか?結婚指輪は古代ローマ時代に始まった習慣であると一般的には言われています。古代ローマ時代の教皇が、結婚の誓いとして鉄の輪を使い始めたのが最初です。ちなみに日本で結婚指輪が一般的になったのは戦後少し経ってからです。それまでは結婚指輪をするという習慣は日本にはありませんでした。昭和40年代頃に結婚指輪の習慣が少しずつ受け入れられるようになり、徐々に広がっていきました。

結婚指輪に込めれた意味

結婚式の際は必ず新郎と新婦が指輪交換をしますよね?指輪交換にはこれから夫婦として一緒に歩いていく誓いを表すといった意味が込められています。結婚指輪を常に身に付ける事は、結婚する相手をいつでも強く感じられるという意味合いを持っています。ちなみに丸い結婚指輪には「永遠に続く愛」といった意味が込められているんです。結婚する二人が「永遠の愛と絆」で結ばれるようにとの意味が込められているのが結婚指輪なんです。

結婚指輪とは結婚をする際に、結婚当事者の一方から相手に渡したり、あるいは相互に交換する指輪のことをいいます。結婚の誓い、あるいは記念として渡したり受け取ったりします。