金属アレルギーで結婚指輪を諦めないために

結婚指輪と金属アレルギー

結婚指輪を選ぶ上で、困るのが金属アレルギーです。一度症状が出てしまうと、根本治療は難しいというのが現状という、とても厄介なアレルギーな上に、原因についても諸説あるものの、はっきりはしていません。しかし、金属アレルギーだからといって、一生の思い出になる結婚指輪を諦めるのは、やはり嫌ですよね。なので、完全に諦めてしまう前に、金属アレルギーでも身につけることのできる結婚指輪がないかどうか、考えてみましょう。

金属アレルギーの出にくい金属

金属アレルギーの起こりやすさは、金属によって違います。結婚指輪によく用いられるプラチナやゴールドも金属アレルギーになりにくい金属ですが、他の金属を混ぜて合金にしてから使用するため、なりにくいとは言えません。なので、実際に金属アレルギー対策として使われるのは、タンタルやハフニウムなどのレアメタルです。とは言っても、完全にならないと言い切れるわけではないので、購入の前に病院で相談するのがいいでしょう。

金属以外の素材を使った指輪

金属アレルギーが心配なのであれば、そもそも金属製の結婚指輪を選ばなければいい、という考え方もあります。そもそも、金属の装飾品を身につけるから金属アレルギーの症状が出るのですから、それを防ぐためには、アレルギーの出にくい金属を探すよりも、金属以外の素材で指輪を作ればいいのです。つまり、木を素材とした結婚指輪にするという方法です。これならば、金属アレルギーは出ません。金属にこだわる必要がないのであれば、選択肢の一つとして考慮すると良いでしょう。

マリッジリングとは、結婚指輪とも呼ばれ、婚姻の証として結婚式などで互いに交換し、身に着ける指輪です。毎日の生活で身に着け、結婚をゆるぎないものにする役割があるとされています。