初めて結婚式に呼ばれたら!服装のマナーについて

服装のマナーは多いもの

大人になると、友人や知り合いの結婚式にお呼ばれする機会も多くなってくるものですよね。とはいえ結婚式というのは、それほど頻繁にあるものではありませんし、まだお呼ばれされたことがないという人もたくさんいるのではないでしょうか。初めて結婚式に参列するとなると、いろいろとわからないこともありますよね。特に悩むのが服装です。一般的には、男性ならスーツを着ていくことが多い結婚式でも、そこにはさまざまなマナーがあるものなのです。

昼と夜とで洋服の仕様は違う

着なれていない人にとっては知らない事実かもしれませんが、結婚式などの公の場出来るべきスーツというのは、昼と夜とで違いがあるものです。男性で言えば、昼に招待された結婚式であればディレクターズスーツを、夜の式であればタキシードが準礼装の基本の形ということになります。もちろん、これは主賓クラスとして出席するような重々しい場合であって、友人や知り合いの結婚式に出席するというのであれば、いわゆるブラックスーツと呼ばれるスーツを着ていくと無難です。

招待状に平服でと書かれていても

もし披露宴の招待状にドレスコードについてのはっきりとした明記がある場合はどうでしょうか。たとえば、平服でよいと言ったようなことが書かれていたらどうすれば良いのでしょうか。もし平服でと書かれていても、普段着で結婚式に参列しても良いということではないので注意しましょう。平服でというのは、普段着でということではなく、略礼装でも良いですよということだということを覚えておきましょう。前述のブラックスーツなど、基本的に無地のスーツを着ていくようにすれば間違いはありませんね。

白金の結婚式場ならば、あらゆる挙式スタイルを実現できます。まずは情報収集が大切ですから、ブライダルフェアに二人で参加しましょう。