ネイルにも注意が必要!結婚式に出席する際のネイルの3つのマナー

親族として出席する場合はネイルはNG

親族の結婚式に出席する場合、ネイルはNGとされているのですよ。このマナーは、知らない人も多いのではないでしょうか。なぜなら、花嫁や花婿の親族に対して対抗意識を燃やしていると思われてしまうからなのです。親族はネイルやドレスも、控えめでいる事がマナーとなっています。もし爪などが割れたり汚れたりしていてそのままじゃどうしても見た目が汚いといった場合には、ベージュやクリア系のシンプルな一色だけで抑えておくのがいいでしょう。

ゲストとして参加する場合、ネイルはシンプルに

ゲストとして結婚式に参加する時にネイルをする場合は、オシャレでするのではなく清潔感を出すためにする事がポイントです。色やデザインは目立たないようなシンプルなものがいいでしょう。色は、肌になじみやすいベージュやピンクやクリアが最も良いとされています。またネイルに関しては、白色を使用してもいいためポイントで使用するようにしましょう。そして反対に避けたい色は、暗い色のネイルです。縁起の良い日なのに暗いイメージを与えてしまうため、避けましょう。

デザインは場所に合わせよう!

ネイルのデザインは、出来るだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。結婚式での主役は悪魔でも花嫁ですから、それ以上に目立つような事は避けておきたいですね。でもおしゃれを楽しみたいという人には、挙式と披露宴と二次会などのシーンによってデザインを選ぶのはいかがでしょうか。例えば厳正なる儀式である挙式の場面では、ベージュやピンクやクリアでデザインは一色塗りなどの一番シンプルなものにしましょう。披露宴では、挙式よりも少し華やかにするのもいいですね。デザインは、ストーンやイラストなどのポイントだけのものがいいでしょう。二次会では、挙式や披露宴よりも崩し気味でも大丈夫です。ただし主役よりも目立たない事が原則です。

交通の発展で短くなった移動時間、あこがれのドラマのロケ地やオシャレスポットが多いことから、一生の記念に結婚式場を東京に選ぶという選択肢も素敵です。